要チェック!婦人科へ行く前に確認しておこう!

婦人科ってどんなところ?

婦人科へ行ったことの無い人にとっては未知の世界で、何か症状があって「行かなきゃ・・・。」と思ってもなかなか踏み出せないのが婦人科。どういうところなのかというと、ほぼ通常の病院と思ってもらっても大丈夫です。むしろ柔らかい、温かいイメージの病院が最近は増えてきています。ただ本当にそうなのかは、気になるところですよね。やっぱり良い病院へ行きたいですもんね。そこで、自分の症状を電話で相談し、その時の対応で、その病院の婦人科の様子を掴むことが出来ます。簡単に自分の症状を話したとき、親身になって対応してくれる婦人科は比較的通いやすい病院である可能性は高いです。ひとつの参考にしてくださいね!

婦人科へ行く前に・・・

婦人科へ行く前にチェック事項があります。大事なのは、生理周期です。前回の生理はいつ始まったのか、出血のある期間、その前後におりものはあるかどうか、身体の痛みなど、聞かれることがありますので、せめて生理周期くらいは把握して婦人科に向かうのか良いと思います。基礎体温表はあるにこしたことはありません。ただ、測ってない人も多いので、必ずしも基礎体温が必要なわけではありません。生理周期とそれに伴う症状をまとめておきましょう。実際病院へ向かう際には、着脱しやすい服装で行きましょう。内診を行う可能性が高いので、スカートをお勧めします。

診察を受けた後は・・・

婦人科へ行った後は、意外と疲れます。デリケートな話になることも多いですし、内診の際の検査には痛みを伴うこともあるので、特に婦人科検診の後の予定はあまり入れない方が好ましいです。精神的に疲れてしまうこともあり、ストレスはさらに症状を悪化させてしまうこともあるので、ゆっくりお家で休憩しましょう。そして、先生に支持されたことを守りましょう。診察後の身体の変化、症状の変化も次回の診察の際、先生に伝えた方が良いこともあるので、気が付いたことなどを書き留めておくといいと思います。後は、婦人科から帰ってきてから疑問に思ったことなども、再診の時に質問出来るようにまとめておきましょう。年齢を重ねるにつれお世話になることも多い婦人科。少しでもストレス無く通いたいですね!

東京都豊島区にある巣鴨は、多くの鉄道路線が通っていることから交通の利便性が良い街としても知られています。そのため、巣鴨の婦人科はとても通いやすいです。