特徴を活かす!LED照明の利点を理解し適材適所で使用

頻繁な点灯や消灯に強いLED照明

従来の照明器具に代わるものとして、LED製品が増えてきました。蛍光灯からLEDに交換するメリットとして、頻繁な点滅に強い点が挙げられるでしょう。蛍光灯は頻繁に点灯と消灯を繰り返すと、その度に寿命が短くなります。そのため廊下やトイレなど、頻繁にスイッチを入れたり消したりするような場所では蛍光灯の寿命を最大限に活かせません。その点でLED照明は頻繁にスイッチングを繰り返しても、寿命に与える影響は少ないです。

白熱電球よりも発熱が小さいLEDの照明装置

LED照明が白熱電球に対して有利であるのは、電力消費が少ないだけでなく発熱が小さい点に注目できます。白熱電球から発せられる熱は高く、特に夏の季節はその暑さに困ることがよくあります。またうっかり点灯中の白熱電球に触れるとヤケドを負いかねません。LED照明は電気から光への変換効率が高く、熱の発生する割合が小さいですね。そのため照明装置から発生する熱で困っている場所があるなら、LED照明のメリットが活かせるでしょう。

光の収束率が高いLED照明の特徴

LED照明の特徴は光の収束率が高い点が挙げられるでしょう。そのため遠くまで光を届けられる部分に利点があります。このことから、ハンディライトとしてLED照明は優れています。しかし一方で広い室内を照らすには、LED照明の光の収束率の高さはデメリットになります。しかしその欠点も克服しつつあり、広範囲を照らすことができるLED照明製品が登場するようになりました。そのため用途に合わせてLED照明を使い分けると利便性が高いですね。

企業のPOPとして、LEDライトパネルがあります。これは、明るさで目立つ事により、集客力が上がり売り上げUPにつながります。